新しい物件を購入するために行った不動産売却で便利だったこと

不動産投資で所有していたアパートの1棟の売却を考える

不動産投資をしていてアパートやマンションを数棟所有しています。
住んでいるエリアだけではなく、マンションは首都圏にも所有していて、投資としてはどちらかと言えば成功をしていると判断をしています。
肝心なことは入居者の確保と入居率の問題、家賃回収と老朽化対策です。
入居率に関しては問題になっていませんが、地元で所有しているアパートの1棟は老朽化が進んでしまい、家賃額が購入時と比較すると下げていることも実情です。
リフォームをした場合は、それなりの家賃額に戻すことができますが、その際には既に住んでいる入居者さんとの交渉が難しいと考えています。
そこで、この物件を売却して、新しい物件を購入することにメリットがあると考え、早速行動に移した経験があります。

普通の戸建て住宅や空き地の場合は、多くの不動産会社で対応してもらえますが、私のようにアパートとなるとそうは簡単にいきません。
そこでインターネットを利用して売却する方法を選択し、いくつかの会社が参加している査定サイトに準ずるものに物件を登録してみました。
翌日には数社から査定額を教えてもらうことができ、当然ながら高い査定額の会社に任せることにしました。
買取りを行ってくれる会社もあったのですが、私の場合は急ぎではないことから、仲介という方法で売却をしたことになります。

不動産投資で所有していたアパートの1棟の売却を考える : ネットの一括査定に登録し不動産会社を選ぶ : 予定額で売れたことで頭金にして新しい物件の購入に成功

不動産|売却不動産基礎知識